PR

ニュース 社会

首里城復元へ知事直轄「戦略チーム」 沖縄県「県民会議」も設置へ

実況見分が進む首里城。黒く焦げた屋根が見える=6日午後、那覇市
実況見分が進む首里城。黒く焦げた屋根が見える=6日午後、那覇市
その他の写真を見る(1/2枚)

 沖縄県の玉城デニー知事は7日の記者会見で、焼失した那覇市の首里城の復元に向け、知事直属の「首里城府復興戦略チーム」を設置する方針を明らかにした。復旧・復興コンセプトやロードマップの策定に当たる。また、官民挙げた取り組みを推進するための県民会議も設置する。

 玉城氏は会見で、国内外から寄付が寄せられていることに「私を含めて、首里城の復旧・復興を願う全ての人の大きな励みとなっている」と感謝した。復元計画策定に当たっての国との役割分担に関しては、今回焼失した正殿など城郭内は政府、城郭外は県が公園整備を行ってきたことを指摘した上で「そのことについて国と確認をしながら、話し合いを進めたい」と述べた。

 戦略チームには職員3~4人を配置する方針。これとは別に、火災発生当日に発足した「首里城火災対策等本部」の下に「首里城復旧ワーキンググループ」を設置し、施設管理のあり方などを検討することも発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ