PR

ニュース 社会

【台風19号】酒蔵へ支援の輪 新たな形で 福島の主婦らがイベント

 大天狗酒造の伊藤滋敏社長(64)は「売り物にならない商品と分かった上で買ってくれた。応援はありがたい」と恐縮する。菊池さんらの呼びかけで売れた日本酒は約300本にのぼった。

 大天狗酒造では店や工場が60センチほど浸水、貯蔵タンクの日本酒5~6キロリットルは無事だったが、瓶詰めの機械が壊れスタッフ5人で手作業の日々。伊藤社長は「機械だと2時間で600本詰められるが1日100本がやっと」と話す。

 横尾さんらの支援イベントに関して伊藤社長は「お礼に行かなければいけないが手いっぱい。本当に感謝している」という。一方、横尾さんは「こんな形の支援ならば人を巻き込みやすい。今回だけで終わらせず、次の企画も考えたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ