PR

ニュース 社会

一気飲み死で9人略式起訴 近大テニスサークル 過失致死罪、大阪区検

 平成29年12月に近畿大経済学部2年だった登森勇斗(ともり・はやと)さん=当時(20)=がテニスサークルの飲み会で多量の酒を一気飲みして死亡した問題で、大阪区検は5日、保護責任者遺棄致死容疑で書類送検されたサークルの学生12人のうち9人について、過失致死罪で略式起訴した。飲酒死亡事故での起訴は珍しい。残りの3人は、不起訴処分とした。

 起訴状によると、大阪府東大阪市の飲食店で同年12月11日夜、登森さんに多量の飲酒をさせて反応できない状態にしたのに、119番するなどの措置を講じず、翌12日に死亡させたとしている。

 府警は今年5月、救急搬送など適切な処置をしなかったとして保護責任者遺棄致死容疑で、飲み会に参加するなどした当時の3年生4人と介抱役の2年生8人の計12人を書類送検していた。

 過失致死罪に切り替えて起訴した理由について区検は「証拠を検討して起訴した」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ