PR

ニュース 社会

「災害は追い風」と発言 長崎県幹部、ダム建設で

 長崎県河川課の浦瀬俊郎課長(59)は5日、県庁で記者会見し、川棚町に予定している石木ダム計画を巡る意見交換会で「去年、今年と大きな災害が起きた。追い風だと思っている」と発言したことを明らかにした上で、「不適切な表現だった」として撤回した。

 県によると、会合は先月30日に非公開で開催され、推進派の県議ら約40人が参加した。浦瀬課長は「追い風で、この機会を生かさなければならない」と発言した上で、川棚町がかつて水害に見舞われたことや、渇水への懸念も指摘した。

 浦瀬課長は会見で「自然災害が頻発し、防災に注目が集まっていることを言いたかった。国語が得意でなく、つい出てしまった」と釈明。台風や豪雨の被害が念頭にあったとした上で「災害が起きて良かったとは思っていない。被災者の方々には申し訳ない」と述べた。

 県は非公開の会合での発言だったことを理由に、処分はしない方針だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ