PR

ニュース 社会

デマ拡散で辞職の市議「最初の投稿者探したい」

 茨城県の常磐自動車道で8月に起きたあおり運転殴打事件で、無関係の女性を「同乗者の女」とするデマをインターネットに拡散し、議員辞職した愛知県豊田市の原田隆司元市議(57)が5日、同市で記者会見した。改めて女性に謝罪し「同乗者と女性を結び付けた最初の投稿者を探し出したい。関係者におわびしてほしい」と述べた。

 原田氏は知人からフェイスブックで回ってきた投稿にコメントを付けて拡散させた。最初の投稿者について「なぜ間違った情報を広めたのか明らかにしたい」と強調。求めがあれば、自身のフェイスブックの通信記録(ログ)を捜査関係者に提供する考えを示した。

 一方、原田氏へ相次いだ抗議電話には「包丁を持っておじゃまする」と同氏や議会関係者への危害を示唆する内容もあったと主張し、被害届提出も検討しているとした。

 女性はデマで名誉を傷つけられたとして慰謝料を求めて原田氏を提訴し、原田氏は2日に辞職した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ