PR

ニュース 社会

吹田交番襲撃で重傷の巡査が退院 リハビリ続け復帰へ

 大阪府吹田市の府警吹田署千里山交番で6月、同署の古瀬鈴之佑(すずのすけ)巡査(27)が包丁で刺されて重傷を負い、拳銃を奪われた事件で、府内の病院でリハビリを行っていた古瀬巡査が5日、退院した。今後、通院しながらリハビリを続け、復帰を目指すという。

 府警によると、古瀬巡査は6月16日早朝、同交番前で飯森裕次郎容疑者(33)=強盗殺人未遂容疑で逮捕=に胸など7カ所以上を刺された。傷の一部が心臓に達して意識不明となったが、その後意識を回復。7月には救急搬送された病院からリハビリのための病院に移り、会話や軽いランニングも可能となったという。

 飯森容疑者は6月17日に逮捕された後、大阪地検が刑事責任能力の有無を調べるための鑑定留置を申請。大阪地裁は12月までの鑑定留置を認めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ