PR

ニュース 社会

静岡新聞社員に有罪判決 危険運転致傷罪

 静岡県沼津市の交差点で3月、乗用車2台に衝突し、2人にけがを負わせたとして自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の罪に問われた静岡新聞社編集局社員、水島重慶被告(28)=静岡市清水区=に、静岡地裁沼津支部は5日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 判決理由で此上恭平裁判官は「先行車両にいら立ちを募らせ、減速せず限界旋回速度を大幅に超え左折した。自分勝手な動機に酌むべき点はない」と指摘。一方で被害者のけがが比較的軽く、犯行を認め反省をしているとして、執行猶予が相当とした。

 判決によると、水島被告は3月3日、乗用車を運転中、制限速度を超える時速約55キロで交差点を左折。曲がりきれず、停車していた乗用車2台に衝突し、2人に約2週間のけがを負わせた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ