PR

ニュース 社会

大阪・門真の一家4人殺傷、懲役30年確定へ 最高裁

 大阪府門真市で平成28年10月、大工の川上幸伸(ゆきのぶ)さん=当時(43)=が殺害され子供3人も重軽傷を負った事件で、殺人や殺人未遂罪などに問われた元定時制高校生、小林(現姓・坂部)裕真(ゆうま)被告(27)について、最高裁第2小法廷(岡村和美裁判長)は被告の上告を棄却する決定をした。10月31日付。懲役30年とした1、2審判決が確定する。4裁判官全員一致の結論。

 主な争点は小林被告の責任能力の有無だった。1審大阪地裁判決は「残虐さが際立つ犯行」としながらも、善悪の判断力などが著しく劣っていて刑を軽くすべき「心神耗弱」の状態だったと認定。懲役30年を言い渡した。検察側は死刑を求刑していた。

 控訴審で弁護側は小林被告は心神喪失状態だったと指摘し、検察側は完全責任能力があったと主張。2審大阪高裁判決も1審と同様に心神耗弱だったと判断。一方、心神喪失による無罪を訴えた弁護側の主張については「自発的意思にもとづく行動があった」と否定し被告側が上告していた。

 判決によると、小林被告は28年10月19日未明、就寝中だった川上さんを短刀で殺害し、長女ら3人にも約2週間~6カ月の重軽傷を負わせるなどした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ