PR

ニュース 社会

みやぎ生協理事長が辞任 私的飲食などで不適切支出

 みやぎ生協(本部・仙台市)は1日、自らを含む常勤役員や部長ら常勤理事会メンバーが内部職員のみによる飲食費を「渉外費」で処理するなど規律違反があったとして、宮本弘理事長(61)が理事長職を引責辞任したと発表した。辞任は10月31日付。

 7月の同生協理事会で、内部通報に基づく監事監査報告で幹部職員の規律違反行為が指摘されたことを受け、弁護士などで構成する特別委員会を設置。過去3年間、常勤理事会メンバーが関係した渉外費について調査した結果、宮本理事長の私的飲食での不適切支出が11件、37万7700円分あったことが判明した。

 宮本理事長を含む同メンバーについては内部職員のみの飲食での不適切支出が26件、69万6614円分だった。不適切支出分の計107万4314円は同メンバーにより全額、生協に返還された。規律違反に該当したメンバー16人は減給の懲戒処分とするという。

 会見した大越健治専務理事(55)は「組合員の信頼を裏切る行為でおわびする」と陳謝した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ