PR

ニュース 社会

渋谷ハロウィンで交通規制 ホコ天状態で警察に被害申告も

車両規制され、道路がハロウィンの仮装姿の人たちで混雑した東京・渋谷109付近 =31日午後、東京都渋谷区(佐藤徳昭撮影)
車両規制され、道路がハロウィンの仮装姿の人たちで混雑した東京・渋谷109付近 =31日午後、東京都渋谷区(佐藤徳昭撮影)

■10月31日午後8時半ごろ

 東京・渋谷の渋谷駅周辺はハロウィーンの仮装をした人々であふれかえり、歩道の流れが数分間にわたって止まるほど混雑してきた。センター街の人混みが顕著で、午後7時過ぎには、指揮車からマイクで呼び掛ける警視庁のDJポリスが「センター街ではなく、比較的空いている道玄坂方向にお進みください」と通行人を誘導するようになった。

 しかし、繁華街への流入は止まらず、午後8時過ぎには、警視庁が駅周辺の通りで車両の通行規制を開始。文化村通りや道玄坂の一部がいわゆる歩行者天国の状態になり、歩道に押し込まれていた人々が一斉に車道上に流れ込んだ。

 仮装した少女らは、「こっちのほうがいいじゃん」と楽しげ。スクランブル交差点付近では、ブロックの上に立つ若者や外国人の姿も見られるなど、興奮度が高まってきた。

 警視庁渋谷署によると、午後8時までに逮捕者は出ていないが、「身体がぶつかった」などのトラブルや、「盗撮された」といった申告が寄せられている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ