PR

ニュース 社会

横浜の80代男性 630万円架空請求詐欺被害

 神奈川県警港南署は31日、横浜市港南区に住む80代の無職男性が架空請求詐欺の被害に遭い、現金630万円をだまし取られたと発表した。同署が詐欺容疑で捜査している。

 同署によると、男性の携帯電話に10月22日、「訴訟の対象になっている」とのメールが届き、男性がメールに記載されていた電話番号に電話したところ、NPO法人の職員を名乗る男2人から「あなたを感染源とするコンピューターウイルスが蔓延(まんえん)し、あなたに対する訴訟が起きている」「サイバー保険に入った方がいい」などと嘘を言われた。

 男性が男らの指定する口座に現金を振り込むと、以降も次々と電話で嘘を言われ、同28日までに口座振り込みと指定された住所への現金送付により、5回にわたって計630万円をだまし取られたという。

 同署は「メールで裁判の通知が来ることはありません」と注意を呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ