PR

ニュース 社会

「結婚後、小遣い制になり」消防士長が小銭盗む

 千葉市消防局は31日、同僚の金を盗んだとして、若葉消防署の男性消防士長(52)を停職6カ月の懲戒処分にした。消防士長は同日付で依願退職した。

 消防局によると、消防士長は8月16日~9月3日、勤務先の出張所で、夜間勤務中に1人になる時間帯を狙い、少なくとも12回にわたり、同僚4人の机の引き出しから食材費などの小銭計3万6200円を盗んだ。同僚4人が小銭が減るのに気付き、自分の机が写るように小型カメラ2台を設置。犯行の様子が写されていたことから発覚した。

 平成6年ごろから勤務先の出張所で犯行を繰り返していたとみられ、「結婚後、小遣い制となり、子供が生まれ減額され、たばこ代などを補填(ほてん)するために盗んだ」などと話しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ