PR

ニュース 社会

「懲戒請求は差別」確定 在日コリアン弁護士勝訴 最高裁

最高裁判所=東京都千代田区(伴龍二撮影)
最高裁判所=東京都千代田区(伴龍二撮影)

 在日コリアンの金竜介弁護士(東京弁護士会)が、理由のない懲戒請求を申し立てられたとして東京都の男性に55万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(林景一裁判長)は、双方の上告を退ける決定をした。男性の行為を「差別」と認定する一方、33万円の支払いを命じた1審東京地裁判決を変更し、賠償額を11万円に減額した東京高裁判決が確定した。29日付。5裁判官全員一致の結論。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ