PR

ニュース 社会

母親の遺体を遺棄 容疑で49歳男逮捕 殺人容疑も視野

 同居していた母親の遺体を遺棄したとして、神奈川県警相模原南署は30日、死体遺棄の疑いで、無職の北岡哲史容疑者(49)=相模原市南区磯部=を逮捕した。「納得がいかない」「(死体遺棄は)してない」などと供述している。

 逮捕容疑は29日午前6時ごろから同日午後6時55分ごろまでの間、自宅アパートの一室に、母親の由紀恵さん(72)の遺体を遺棄したとしている。

 同署によると、北岡容疑者は由紀恵さんと、父親(71)の3人暮らし。同日午後7時ごろ、帰宅した父親から「妻が亡くなっている。血だらけで、息子が殴ったんじゃないか」との110番通報があり、事件が発覚した。

 由紀恵さんは顔面から大量に出血しており、顎の付近に硬いもので殴られたような痕があったほか、腹部からは複数のあざも見つかったという。同署は殺人容疑も視野に、慎重に調べを進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ