PR

ニュース 社会

群馬の古書店員強殺事件 28歳の男逮捕 

 群馬県沼田市高橋場町の古書店で店員の斎藤康盛さん(59)=同市奈良町=が殺害され、現金などが奪われた強盗殺人事件で、同県警沼田署捜査本部は29日、強盗殺人などの疑いで、同県みなかみ町月夜野の会社員、高橋茂喜容疑者(28)を逮捕した。調べに対し、「間違いありません」とおおむね容疑を認めているという。

 逮捕容疑は14日夜、同市高橋場町の古書店に侵入し、斎藤さんの胸や首などを刃物で数回突き刺して殺害した上、店内から現金約4万円とゲーム機など9点(販売価格計約18万8千円)を奪ったとしている。

 近くに止めていたバイクで逃走したが、店の防犯カメラ映像や、ゲーム機などが県内の複数の買い取り店に売却されていたことなどから高橋容疑者が浮上した。捜査本部は金品目的の犯行とみて、今後、動機の解明を進める。

 捜査本部によると、斎藤さんは14日午後7~9時、1人で古書店で勤務していた。帰宅が遅いのを心配した妻が、従業員用出入り口付近の通路で倒れていた斎藤さんの遺体を発見した。

 司法解剖の結果、斎藤さんの死因は右胸を刺されたことによる外傷性ショックと判明。刺し傷は心臓に達し、顔や首、両手にも刺し傷や切り傷があった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ