PR

ニュース 社会

生後1カ月の長男に暴行の疑い、母親を逮捕 長男はその後死亡

 当時生後1カ月だった長男をたたくなどしたとして、神奈川県警捜査1課は29日、暴行の疑いで母親で東京都八王子市めじろ台の事務職員、木下利華容疑者(30)を逮捕した。「何も話したくありません」などと供述している。

 逮捕容疑は昨年10月15日、当時住んでいた川崎市宮前区土橋の自宅で、当時生後1カ月だった長男の登満ちゃんをうつぶせにさせて放置し約40秒間鼻と口をふさぎ、さらに同月23日、自宅で胸を複数回にわたり手でたたくなどの暴行を加えたとしている。

 同課によると登満ちゃんは今年1月7日、木下容疑者の119番通報により心肺停止状態で病院に搬送された。病院が川崎市の児童相談所に不審な点があると報告し、同月11日、児相が県警に「生後3カ月の男児について、頭部に慢性硬膜下血腫などの症状が認められる」などと届け出た。登満ちゃんは翌2月14日に死亡。同課が木下容疑者に事情を聴いたところ、登満ちゃんに暴行を加える動画が残されていることが判明したという。

 同課は登満ちゃんの死亡の経緯についても捜査している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ