PR

ニュース 社会

倒れた鉄柱の撤去作業開始 台風15号、ゴルフ練習場

台風15号の影響でゴルフ練習場の鉄柱が倒壊した現場で、鉄柱の撤去が始まった=28日午前、千葉県市原市五井(橘川玲奈撮影)
台風15号の影響でゴルフ練習場の鉄柱が倒壊した現場で、鉄柱の撤去が始まった=28日午前、千葉県市原市五井(橘川玲奈撮影)

 9月9日に千葉県に上陸した台風15号の影響で同県市原市のゴルフ練習場「市原ゴルフガーデン」の鉄柱が民家に倒れた問題で、東京都江戸川区の解体業者「フジムラ」が28日、鉄柱の撤去を始めた。撤去は12月中旬まで続く見込み。

 同社によると、倒れた鉄柱は引き上げたり切断したりし、ゴルフ練習場内に引き込む。この日は住民が見守る中、クレーン車8台を用い、倒れた鉄柱14本のうち2本の撤去が行われた。

 鉄柱が自宅に倒れた住民の松山高宏さん(55)は撤去の様子を見守りながら「撤去の第一歩が始まり、ほっとしている。けがなく安全に作業が終わればよい」と話した。

 撤去をめぐっては、フジムラが無償で撤去を行うことを申し出て、住民やオーナーの了承を得ていた。

 同社は15日から撤去の準備を行っていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ