PR

ニュース 社会

妙義山の鎖場で滑落、男性死亡 東京・三鷹の会社員か

 27日午前9時25分ごろ、群馬県富岡市妙義町の妙義山縦走路の鎖場で、「男性が滑落した」と登山者から通報があった。男性は防災ヘリで搬送されたが、病院収容前に死亡が確認された。所持品から、東京都三鷹市の会社員(55)とみられる。

 富岡暑によると、事故現場は「妙技神社奥の院鎖場」と呼ばれ、垂直に約20メートル登って左に巻いて、再び約10メートルほど登る鎖場。男性は単独登山中で、目撃者などの話から、20メートル登って左に移動中、滑落したとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ