PR

ニュース 社会

内縁夫の遺体放置の疑い、横浜市の無職女を逮捕 「殺したかもしれない」と供述

 内縁の夫の遺体を自宅に放置したとして、神奈川県警港北署は26日、死体遺棄の疑いで横浜市港北区大倉山の無職、新山イサ子容疑者(61)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は同日午前3時ごろ、自宅アパートで内縁の夫である無職の則井博さん(70)の遺体を放置し、遺棄したとしている。

 同署によると新山容疑者は同5時40分ごろ、同署に出頭し「内縁の夫を殺したかもしれない」などと供述。同署員が現場に駆けつけたところ、布団の上であおむけに倒れている則井さんを発見した。息はしておらず死後硬直も始まっており、救急隊によってその場で死亡が確認された。

 新山容疑者は同2時ごろに則井さんの口を布団の上から押さえたなどと話しているが、遺体には殺害されたことを示す形跡は見つからなかったという。則井さんは数カ月前から寝たきりの状態だったといい、同署は司法解剖して詳しい死因を調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ