PR

ニュース 社会

【千葉豪雨】長柄町のそば店で客ら一時孤立

前のニュース

記録的な大雨で浸水した千葉県長柄町鴇谷地区の住宅=25日(金野哲夫さん撮影)
記録的な大雨で浸水した千葉県長柄町鴇谷地区の住宅=25日(金野哲夫さん撮影)

 低気圧の影響による豪雨に見舞われた千葉県内では県道や町道などの道路沿いで大雨による土砂崩れや法面の崩落が相次いで発生し、長柄町では一部の地域が孤立した。

 町によると、25日午後3時半ごろ同町山根のそば店「ながら長生庵」から、周辺の道路が土砂崩れで通れず、客が足止めされているとの連絡があった。

 同店の男性従業員(35)によると、当時、店内には客と従業員合わせて約20人がいた。激しい雨が断続的に降る中、避難するため店に駆け込んできた人もいた。

 夕方には抜け道を調べるなどして多くの客が帰ったが、残った客4人と従業員3人は閉店後の駐車場で車中泊をして一夜を明かした。26日昼ごろには次第に通行止めが解除されていき、滞留した客も無事に帰ったという。男性従業員は「この前の台風よりもひどかった。ここまで雨が降るとは思わなかった」と話した。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ