PR

ニュース 社会

【千葉豪雨】「こんなの見たことない」 千葉・茂原で河川氾濫、避難所が浸水

前のニュース

浸水地域の住宅周辺には、泥がついた家具などが積み上げられていた=26日午後、千葉県茂原市(福田涼太郎撮影)
浸水地域の住宅周辺には、泥がついた家具などが積み上げられていた=26日午後、千葉県茂原市(福田涼太郎撮影)

 25日に記録的な大雨に見舞われた千葉県茂原市では、市内を流れる一宮川と豊田川が氾濫し、市役所の周辺が冠水した。目の前にある避難所となった公民館も1階が浸水し、避難した住民がボートで再び市役所に避難する事態となった。同市は平成25年10月にも台風による浸水被害に見舞われたが、住民は「今回は辺りが一面水だった。こんなの見たことない」などと口々に語る。

 市内中心部、とりわけ川の近くは一夜明けた26日も水は引いたものの、ところどころに泥や水が残る。道路上の乾いた泥は自動車が通るたび、ほこりが舞い上がり、マスクをしながら後片付けをする被災住民らの姿も目立った。

 市役所の南側に位置する中央公民館は、すぐ隣を豊田川が流れる。25日午後1時すぎに姉らと避難してきた同市緑町の会社員、加藤しず江さん(65)は到着後、そのまま2階に案内された。しかし、間もなくして川は目の前であふれ出し、1階はみるみる水に覆われていった。

 「外は川と地上の境界がない」状況で、屋外に出るのは危険だった。停電も発生し、寒さにも襲われた。夜になると、ようやく消防や警察がボートで救助に訪れ、市役所に移動。途中で見える車はサイドミラーの高さまで水没していた。37世帯78人(26日未明時点)が不安な一夜を過ごした。

 「今まで市に苦情は言っていたけど、避難所が辺りで一番低いところにあるなんて…」。加藤さんは、そう漏らした。

 川を挟んで約50メートル東側に住む同市茂原の無職、松本伸彦さん(57)は、25日午前中に雨水が自宅前の道路を川の方向に流れているのを見た。徐々に水かさは増え、午後2時すぎになると、川の方向から逆方向に濁った水が流れていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ