PR

ニュース 社会

孫「揺さぶり」の祖母に逆転無罪判決、大阪高裁

 生後2カ月の孫の女児を揺さぶり死亡させたとして傷害致死罪に問われた祖母の山内泰子被告(69)の控訴審判決公判が25日、大阪高裁で開かれた。村山浩昭裁判長は「死亡は疾患の可能性が否定できない」などとして、懲役5年6月とした1審大阪地裁判決を破棄、無罪を言い渡した。

 村山裁判長は判決理由で、医師の証言などから、女児は頭部の血管に血の塊ができる「脳静脈洞血栓症」を発症し、脳機能不全に陥って死亡した可能性が否定できないと指摘した。

 また、1審判決が「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)」の特徴が女児に認められると認定した点について、「当初診断した医師は硬膜下血腫と診断していない」「疾患が原因と考えて矛盾しない」などと否定。これらのことから、女児の頭部の負傷は暴行によるものではないと判断し、山内さんは無罪と結論付けた。

 その上で村山裁判長は「SBS理論を単純に適用すると機械的、画一的な事実誤認を招くおそれを生じかねない」と1審判決を批判した。

 裁判員裁判で行われた平成29年10月の1審大阪地裁は、「脳の損傷は外から力を加えられたことによるもので、SBSの特徴が認められる」と判断。犯行時間帯に暴行できたのは山内さんしかいないとして、懲役6年の求刑に対し、懲役5年6月を言い渡した。山内さんは一貫して無罪を主張していた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ