PR

ニュース 社会

パワハラで警察署長2人を処分 京都府警

 部下に暴言を吐くなどのパワーハラスメントを行ったとして、京都府警は24日、ともに50代男性警視の南署長と向日町署長を、それぞれ本部長訓戒と本部長注意の処分にした。

 関係者によると、南署長は昨年から今年5月、署員に「しばくぞ」などと暴言を浴びせた。署員は現在休職中。また、向日町署長は田辺署長だった昨年、部下の署員に暴言を吐くなど、不適切な発言を繰り返していたという。

 府警によると、2人は「指導をする中で感情的な言動になってしまった。反省している」と話しているという。

 府警の姫野敦秀首席監察官は「署長自らのパワハラ行為があったことから、以後の職務履行の改善を図るため、監督上の措置を講じた。再発防止に向け取り組みたい」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ