PR

ニュース 社会

「偽札の可能性」「札番号を確認する」と言われ2500万円詐取被害 埼玉

 埼玉県警秩父署は23日、秩父市に住む無職の女性(77)が現金2500万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。

 同署によると、23日午前11時ごろ、女性宅に警察官を名乗る男から「あなたの通帳が犯罪に利用された。自宅に保管している現金が偽札の可能性があるので札番号を確認する」などとの電話があった。

 信じ込んだ女性は同日正午すぎ、自宅で警察官を装った男に2500万円を手渡した。その後、女性は不審に思い「自宅に来たものに現金を渡したが…」と110番通報し、詐欺被害が発覚した。

 同署によると、電話で現金の要求額は示されなかったが、「偽札の可能性」「札番号の確認」と迫られ、自宅にあった、いわゆる「タンス預金」を自ら持ち出し、最初の電話から約1時間で詐取された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ