PR

ニュース 社会

手錠のまま食事は人権侵害 日弁連が神奈川県警に勧告

神奈川県警=横浜市中区
神奈川県警=横浜市中区

 神奈川県警が横浜地検の待機所で、容疑者らに一律、手錠をした状態で食事をさせているのは人権侵害に当たるとして、日弁連は23日、運用を改善するよう県警に勧告したと発表した。警察庁にも、全国調査をして同様の運用があれば改めるよう勧告した。21日付。

 日弁連によると、県警は容疑者らを送検した際など、待機所で両手に手錠をさせたまま、昼食のパンを食べさせているという。県警は、逃走や容疑者同士のトラブル防止としているが、日弁連は「具体的な必要性が認められない場合まで一律に手錠することは、人格権を侵害する取り扱いだ」と指摘した。

 日弁連は平成28年8月、人権救済申し立てを受け、調査していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ