PR

ニュース 社会

【台風19号】関東甲信の大雨、沿岸前線に地形の影響重なる ウェザーニューズ分析

 気象庁のアメダスでは、24時間雨量の都道府県別最多地点は多い順に、神奈川県箱根町箱根922・5ミリ▽静岡県伊豆市湯ケ島689・5ミリ▽埼玉県秩父市浦山635ミリ▽東京都檜原(ひのはら)村小沢602・5ミリ▽宮城県丸森町筆甫(ひっぽ)558ミリ-。いずれも各地点の観測史上1位で、1位を更新した地点は全国120カ所に及んだ。

 特に多かった箱根の雨量は、平成23年に観測された高知県馬路村魚梁瀬(やなせ)での851・5ミリを大きく上回り、全国の観測点での史上1位の値を更新。箱根の10月の平年値は334・3ミリで約3カ月分に相当する雨が降った。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ