PR

ニュース 社会

【台風19号】「安否確認で」福島で空き巣4件 避難の家狙ったか

 福島県警郡山署は19日、同県郡山市の台風19号による浸水地域で、未遂も含めた空き巣が立て続けに4件あったと発表した。住人が避難し、留守になった家が狙われたとみられ、同署は窃盗などの疑いで捜査している。

 同署によると、18日午前9時ごろから午後10時半ごろ、無施錠の窓などから侵入し、現金が盗まれるなどの被害が3件あった。未遂の1件では、住人が在宅中に不審な男と鉢合わせた。男は「安否確認で来た」と言って立ち去ったという。

 郡山署は避難者に対し、貴重品を家に置いたままにせず、窓や玄関を施錠するよう呼び掛けるとともに、パトロールを強化している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ