PR

ニュース 社会

大津園児死傷事故で公判中の女、ストーカーでも起訴

保育園児の列に車が突っ込んだ現場=5月8日午前、大津市(本社ヘリから、恵守乾撮影)
保育園児の列に車が突っ込んだ現場=5月8日午前、大津市(本社ヘリから、恵守乾撮影)

 知り合いの男性に連絡を取るように執拗(しつよう)に迫ったとして、大津地検は18日、ストーカー規制法違反などの罪で、大津市一里山の無職、新立文子容疑者(53)を起訴した。

 起訴状によると、新立被告は8月27日、男性の携帯電話に「悪になる」「さらす」とのメッセージを送信して脅迫。9月2日と同5日には男性の勤務先に電話をかけ、「こんなに好きやのに。苦しい。(男性の)写真は消さへんよ。2人で話したい」などと連絡をとるようにしつこく迫ったとしている。

 新立被告は5月、大津市の交差点で信号待ちをしていた保育園児らの列に車が突っ込み、16人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われ、大津地裁で公判中。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ