PR

ニュース 社会

覚醒剤3億円相当ドバイから密輸容疑、韓国籍の女を逮捕 

 覚醒剤約5キロ(末端価格約3億円相当)をスーツケースなどに隠して密輸したとして、大阪府警関西空港署と大阪税関関西空港税関支署は18日、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、韓国籍で無職、リ・ジンジュ容疑者(30)を逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は9月26日、覚醒剤約5キロをスーツケースとリュックサックに隠し、航空機でアラブ首長国連邦(UAE)のドバイから関西国際空港に密輸したとしている。容疑を認めているという。

 関西空港署によると、容疑者は菓子や化粧品などの箱の中に銀紙で包んだ覚醒剤を隠していたという。容疑者はフィリピン出身で「韓国にいるときに『荷物を運ぶ仕事をしたら千ドルの報酬を支払う』と誘われた」と供述しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ