PR

ニュース 社会

【山口組ナンバー2出所】重箱続々、組長らと出所祝いか

佐々木一家事務所に到着し、車を降りる高山清司若頭=令和元年10月18日午前10時23分、名古屋市南区
佐々木一家事務所に到着し、車を降りる高山清司若頭=令和元年10月18日午前10時23分、名古屋市南区
その他の写真を見る(1/2枚)

 18日朝に出所した指定暴力団山口組のナンバー2、高山清司若頭(72)が入った名古屋市内の組事務所には、重箱などが次々と運び込まれた。山口組の篠田建市(通称・司忍)組長(77)らと出所祝いをしているとみられる。

 高山若頭は同日午前6時前、府中刑務所(東京都府中市)を出た後、JR品川駅から新幹線に乗り、午前9時前に名古屋駅で下車。迎えのワゴン車で同10時15分ごろ、名古屋市内にある出身団体・山口組弘道会の傘下組織事務所に入った。

 約15分後には、篠田組長を乗せた車も事務所に到着。その後、組関係者とみられる男性らが、風呂敷に包まれた重箱などを運び込んでいた。

 名古屋市南部の住宅街にある事務所前には雨の中、約40人の報道陣が集まり、警察官も30人ほどが警戒にあたっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ