PR

ニュース 社会

関東、東北で大雨の恐れ 台風被災地に警戒呼び掛け

18日11時現在のひまわり雲画像
18日11時現在のひまわり雲画像

 気象庁は18日、前線や低気圧の影響により、関東や東北、静岡県で19日にかけて大雨となる所があるとして、河川の増水や氾濫、土砂災害、低い土地の浸水に警戒するよう呼び掛けた。台風19号の被災地域では、通常より少ない雨量で洪水や土砂災害の危険度が高まる可能性があるとしている。宮城県丸森町では18日午前から雨が降り始めた。

 気象庁によると、日本の南に停滞している前線が本州付近に北上。19日朝には前線上の関東で低気圧が発生し、別の低気圧も19日夕にかけて北陸や東北を進む見込み。東北を含む東日本の広い範囲で雨が降り、特に18日夜遅くから19日昼すぎには太平洋側沿岸部を中心に激しい雨が降ると予想される。

 19日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、静岡県や伊豆諸島が120ミリ、関東甲信100ミリ、東北太平洋側50ミリ。

 台風19号で記録的豪雨が降った地域では、河川の堤防などが損傷を受けたり地盤が緩んだりしている所がある。気象庁は二次災害に警戒するとともに、災害復旧作業への影響に十分留意する必要があるとした。

 沿岸部を中心に風が強まり、落雷や竜巻などの激しい突風の恐れもあるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ