PR

ニュース 社会

【台風19号】阿武隈川の浸水ほぼ解消 宮城、福島の流域で

阿武隈川の堤防が決壊した現場で進む復旧作業=18日午前9時20分、福島県須賀川市
阿武隈川の堤防が決壊した現場で進む復旧作業=18日午前9時20分、福島県須賀川市

 国土交通省東北地方整備局は18日、台風19号による浸水が続いていた宮城県角田市で排水が完了し、宮城、福島両県で一時1万2千ヘクタール以上あった阿武隈川流域の浸水がほぼ解消したと発表した。

 整備局によると、角田市の要請でポンプ車による排水を続けていたが、18日朝に作業を終えた。13日時点で、阿武隈川流域では宮城県で約9200ヘクタール、福島県で約3400ヘクタールが浸水していた。

 一方、堤防が決壊した吉田川流域では、宮城県大崎市と大郷町などで当初約5700ヘクタールあった浸水面積が、17日には約1200ヘクタールまで減少。18日も排水作業を続ける。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ