PR

ニュース 社会

インコ虐待の男に罰金判決 動画投稿 名古屋簡裁

 飼っていたインコを虐待したとして、動物愛護法違反の罪に問われた無職、坂野嘉彦被告(34)の裁判で、名古屋簡裁(上杉誌朗裁判官)は18日、求刑通り罰金20万円の判決を言い渡した。

 これまでの公判で坂野被告は起訴内容を認め、検察側は被告が今年4月にペット禁止の寮でインコを飼い始めたが、鳴きやまないのに腹を立て、虐待に及んだと指摘していた。 上杉裁判官は判決理由で「インコが鳴かないようにする方法を知っていたが対策をせず、怒りに任せて短絡的に犯行を敢行した」と非難した。判決によると、坂野被告は6月22日、名古屋市中村区の当時の自宅で、インコ1羽にコンドームをかぶせ身動きできないようにし、棒を押しつけるなどして虐待した。

 インコはその後、衰弱して死んだという。坂野被告はインターネット上に虐待の様子を撮影した動画を投稿。愛鳥家らの相談を受けた愛知県警が7月に逮捕し、名古屋区検が同罪で起訴した。改正動物愛護法が6月に成立。ペットの虐待は「100万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」に罰則の引き上げが決まっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ