PR

ニュース 社会

透析中止で女性死亡 遺族が福生病院を提訴

提訴後に会見する死亡した女性の遺族の代理人弁護士ら=17日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ(大竹直樹撮影)
提訴後に会見する死亡した女性の遺族の代理人弁護士ら=17日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ(大竹直樹撮影)

 東京都福生(ふっさ)市の「公立福生病院」で昨年8月、腎臓病患者の女性=当時(44)=が人工透析を中止して死亡した問題で、女性の夫(52)と次男(21)が17日、透析再開を希望したのに医師側が応じなかったとして、病院を運営する福生病院組合に2200万円の慰謝料を求める訴訟を東京地裁に提起した。

 訴状によると、女性は昨年8月9日に福生病院で、医師から「血液透析は治療ではない。腎不全による死期を遠ざけているにすぎない」「多くの犠牲もつきものであるため、最も大切なのは自己意志だ」と説明され、透析を継続して手術を行うか、透析をやめるかの選択肢を示された。女性は透析離脱の同意書に署名。入院後、同月16日には看護師に「こんな苦しいなら透析した方がよい。撤回する」と話し、看護師から医師にも報告されたが透析は再開されず同日死亡した。

 都内で記者会見した遺族の代理人弁護士は「医師が透析の中止を提案し、実際に中止した。透析離脱の同意書を書かせる上で、撤回できる旨の説明もなかった。この2つの違法性が争点となる」と話した。

 女性の夫は「透析を再開してくれたら症状が良くなり、今も生きていてくれたと思うと残念でならない。透析を再開してくれなかったのはなぜなのか。はっきり知りたいと思う」などとするコメントを発表した。

 病院側の代理人弁護士は「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ