PR

ニュース 社会

7年連続「魅力度最下位」に関係者落胆 茨城

全国初の自治体公認バーチャルユーチューバー(Vチューバー)として茨城県のPR活動を展開している「茨ひより」(茨城県提供)
全国初の自治体公認バーチャルユーチューバー(Vチューバー)として茨城県のPR活動を展開している「茨ひより」(茨城県提供)

 民間シンクタンク「ブランド総合研究所」が17日に発表した都道府県魅力度ランキングで7年連続47位となった茨城県はこの1年間、最下位脱出を目指してさまざまなPR活動を展開してきた。「記録」更新に関係者は落胆を隠せない。

 集計結果によると、茨城県の魅力度は9・4点(1位の北海道は61・0点)で唯一の一桁台だった。

 茨城県は、全国初の自治体公認バーチャルユーチューバー(Vチューバー)の「茨(いばら)ひより」を前面に押し出し、県のイメージアップや観光情報発信を図ってきた。県プロモーション戦略チームの担当者は「率直に残念。茨ひより起用などの新しいチャレンジを展開し、点数は上がったが、順位の向上にまでは至らなかった」と肩を落とす。

 一方、大井川和彦知事は談話を発表し「県の魅力の実態を十分に反映しているとは考えられない」と調査結果を疑問視した。「このタイミングで発表されたことは、(台風19号の)復旧に努力をしている被災者の気持ちを考えれば遺憾だ」とも訴えた。

 県によると、ランキングの結果次第では被災した県民に勇気を与えられない可能性があるとして、ブランド総合研究所に対し発表の延期を依頼していたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ