PR

ニュース 社会

菅氏、北朝鮮の漁船転覆を捜索も「確認されていない」

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は16日の記者会見で、日本海の「大和堆(やまとたい)」と呼ばれる日本の排他的経済水域(EEZ)内の水域周辺で同日午前に北朝鮮籍とみられる漁船が転覆したという情報があり、海上保安庁と水産庁が周辺海域を捜索していると明らかにした。ただ、菅氏は「転覆したとされる漁船は同日午後3時半の時点で確認されていない」とも述べた。

 菅氏によると、同日午前10時ごろ、大和堆周辺の水域で水産庁の取締船が北朝鮮籍らしき漁船から無線で「離れたところで他の漁船が転覆し、乗組員が海中に転落した」という情報を入手した。これを受けて海上保安庁の巡視船が現場に向かい、水産庁の取締船とともに捜索にあたっているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ