PR

ニュース 社会

【台風19号】死者12都県74人に 高齢者の逃げ遅れ目立つ

行方不明者の捜索が続く宮城県丸森町の土砂崩れ現場=16日午前10時21分
行方不明者の捜索が続く宮城県丸森町の土砂崩れ現場=16日午前10時21分

 記録的な大雨をもたらした台風19号で16日、死者は12都県の74人に上った。都県別では福島県が最多の26人、宮城県と神奈川県がいずれも14人。行方不明者は13人とみられる。死者の半数を占める福島、宮城は高齢の溺死者が多く、河川氾濫や堤防決壊による浸水から逃げ遅れたケースが目立つ。

 国土交通省によると、堤防の決壊は7県の55河川79カ所になった。総務省消防庁によると、住宅の床上浸水が6694棟、床下浸水が5364棟。断水や停電が続いている地域もあり、生活の再建には時間がかかりそうだ。厚生労働省によると、宮城や福島など10県49市町村に災害ボランティアセンターが開設されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ