PR

ニュース 社会

台風被害めぐる参院予算委審議、議論かみ合わず

 自民党の世耕弘成参院幹事長は15日の記者会見で「避難所で不安に思っている方々にテレビ中継を通して首相や武田良太防災担当相の声が伝わったことは非常に意義があった」と強調した。自民党国対幹部は「やると決めたことを延期すれば、大変なことになる」と話した。

 与党側が延期を拒んだのは、天皇陛下が内外に即位を宣明される「即位礼正殿の儀」など重要行事を控え、12月9日の会期末までの日程が窮屈なことが背景にある。延期すれば今後の審議予定が見通せなくなり、ひいては政府の被災地支援にも影響しかねない。

 参院予算委は16日も冒頭の1時間で台風被害の審議を行う予定だ。(清宮真一)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ