PR

ニュース 社会

「泥水、プールのよう」多摩川氾濫、爪痕深く 東京・世田谷

台風19号の影響で、浸水した多摩川沿いの歯科医院=14日午後、東京都世田谷区玉川
台風19号の影響で、浸水した多摩川沿いの歯科医院=14日午後、東京都世田谷区玉川

 台風19号の影響で多摩川が氾濫した東京都世田谷区では、浸水被害を受けた住宅街などで住民らが15日も復旧作業に追われた。

 同区玉川のオカムラ歯科二子玉川医院では、地下にある院内に水圧でガラスが割れて泥水が流れ込み、一時は院内がプールのようになったという。精密機器類は水に漬かって壊れ、カルテなども散乱した。

 この日は総出のスタッフとボランティアらが泥水をかき出したり、洗浄したりと復旧作業に当たった。岡村興一総院長が被害を確認したのは13日朝で、「茫然(ぼうぜん)自失になった」という。「言葉にならない。復旧にいつまでかかるか分からない。被害額を考えると頭が痛い」と険しい表情で話した。

 東急電鉄二子玉川駅付近の多摩川河川敷では、氾濫した水の影響で標識がなぎ倒されていた。草木もほとんどが横に倒れ、周辺の道路には泥水が押し寄せた跡がはっきりと残っていた。近くに住む無職の男性(79)は「こんなことは初めて。恐ろしい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ