PR

ニュース 社会

文科副大臣が教育長と面談 神戸の教諭いじめ

神戸市教委を訪れた亀岡偉民文部科学副大臣(左から2人目)らに謝罪する神戸市の長田淳教育長(右から3人目)=神戸市中央区(木下未希撮影)
神戸市教委を訪れた亀岡偉民文部科学副大臣(左から2人目)らに謝罪する神戸市の長田淳教育長(右から3人目)=神戸市中央区(木下未希撮影)

 神戸市立東須磨小学校の教諭4人が同僚をいじめていた問題で、文部科学省の亀岡偉民副大臣らが15日、同市教育委員会を訪れて長田淳教育長と面会し、経緯の説明を受けた。

 面会の冒頭、長田教育長は「教育行政に対する信頼を著しく低下させる事態を起こした」と謝罪。

 亀岡副大臣は「子供たちの指導を行うべき教員がこのような事件を起こすとは信じがたい。原因究明と事実解明を行い、厳正な処罰を含めた対応をしてほしい」と述べた。

 市教委によると、加害者は30代男性3人と40代女性1人。遅くとも昨年から男性教諭(25)が激辛カレーを食べさせられ、尻をたたかれてみみず腫れができるなどの被害に遭った。前校長と現校長は他の教諭らからいじめについて聞いていたのに、市教委への報告を怠った。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ