PR

ニュース 社会

【台風19号】「中央道復旧まで1週間」 東京-山梨の寸断長引く

台風19号による大雨で橋桁が落ち込み、崩落の恐れがある国道20号の法雲寺橋=13日、山梨県大月市初狩町下初狩(渡辺浩撮影)
台風19号による大雨で橋桁が落ち込み、崩落の恐れがある国道20号の法雲寺橋=13日、山梨県大月市初狩町下初狩(渡辺浩撮影)

 中日本高速道路は14日夜、台風19号による土砂崩落のため通行止めになっている八王子インターチェンジ(IC、東京都八王子市)-大月IC(山梨県大月市)間について、復旧まで1週間程度かかると発表した。

 東京と山梨の間は、国道20号の大月市内の橋が崩落する恐れがあるため通行できないほか、JR中央線も高尾(八王子市)-大月(大月市)間で運休し、JR東日本は「運転再開のめどは立っていない」としており、東京と山梨を結ぶ交通網の途絶が長引くことになる。

 鉄道、道路とも主に静岡県に迂回するルートしかないが、同県御殿場市では渋滞が起きている。

 山梨県は平成26年の記録的大雪で孤立状態になったことがある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ