PR

ニュース 社会

軽乗用車が警備員らはねる 4人けが

 13日午後7時15分ごろ、奈良県香芝市の国道165号交差点で、軽乗用車に男性2人がはねられた。男性警備員(79)が頭の骨を折る重傷、自転車の男性(28)が軽傷を負った。軽乗用車はその後、溝に脱輪して停止。近くにいた親子2人が驚いて転倒し、けがをした。

 奈良県警香芝署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、軽乗用車を運転していた大阪府羽曳野市の無職の女(63)を逮捕した。同署の調べに対し、女は「警備員ははねたが、ほか3人は分からない」と供述している。

 同署によると、男性警備員は、近くで開催していた自治会の秋祭りの交通整理をしていたという。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ