PR

ニュース 社会

【台風19号】住民「家どうなったのか」 長野市の避難所

決壊した千曲川の堤防。市内では浸水被害が相次いだ=13日午前11時48分、長野市(本社ヘリから、渡辺恭晃撮影)
決壊した千曲川の堤防。市内では浸水被害が相次いだ=13日午前11時48分、長野市(本社ヘリから、渡辺恭晃撮影)

 台風19号による千曲川の決壊で、長野市に設置された避難所には13日、多くの住民が身を寄せた。暖房器具もなく、高齢者らが毛布を重ねて寒さをしのいだ。同日未明に避難してきた女性(69)は「この出来事が現実とは思えない。家がどうなっているのか心配だ」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ