PR

ニュース 社会

【台風19号】政府、非常災害対策本部を設置 安倍首相「とにかく人命第一」

台風19号での被災を受け、非常災害対策本部会議で発言する安倍晋三首相(右手前から2人目)=13日午後、首相官邸(春名中撮影)
台風19号での被災を受け、非常災害対策本部会議で発言する安倍晋三首相(右手前から2人目)=13日午後、首相官邸(春名中撮影)

 政府は13日、台風19号の広範囲にわたる甚大な被害を受けて非常災害対策本部を設置し、首相官邸で初会合を開いた。同本部の設置は昨年の西日本豪雨以来。

 安倍晋三首相は多くの住宅などが浸水で孤立している現状を踏まえ「とにかく人命第一だ。警察、消防、海上保安庁、自衛隊で11万を超える態勢で懸命の救出捜索活動を進めている。夜を徹して作業に当たってほしい」と述べ、安否不明者の捜索に全力をあげるよう指示した。国民に対しては「引き続き土砂災害や河川の氾濫に十分警戒してほしい」と呼びかけた。

 対策本部に先立ち、政府は関係閣僚会議を開き、停電や断水の早期復旧に向けて民間事業者と協力する方針を確認。河野太郎防衛相は「必要なところに災害派遣要請があれば、適宜出動する」と述べた。

 自民党も、緊急役員会を開き、政府に一刻も早い人命救助やインフラの復旧などに取り組むよう求める声明をまとめた。二階俊博幹事長は役員会後、記者団に「自治体が安心して復旧に取り組めるよう、政府は一両日中にも激甚災害に指定することを明らかにすべきだ。必要な大型補正予算の編成を行うべく政府を全力で支える」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ