PR

ニュース 社会

【台風19号】栃木県佐野市で複数の住宅が孤立 秋山川が氾濫、堤防修復めど立たず 台風19号

秋山川の決壊で周囲の住宅街まで水が押し寄せた=13日、佐野市赤坂町(根本和哉撮影)
秋山川の決壊で周囲の住宅街まで水が押し寄せた=13日、佐野市赤坂町(根本和哉撮影)

 12日午後9時ごろ、栃木県佐野市の秋山川の堤防が10メートル以上に渡って決壊した。濁流が道路や住宅地へ押し寄せ、一夜明けた13日も流入が続いた。同市危機管理課によると、同市赤坂町などでは一時最大160人が取り残され、同日午後3時現在も複数の住宅が孤立している。市内での死者・行方不明者は確認されていない。

 決壊した堤防では、同日午前、土嚢(どのう)などを用いた修復作業が始まったが、完了するめどは立たず、被害拡大が懸念されている。

 現場は東武佐野線の佐野市駅から南西に約500メートル離れた場所で、付近には住宅街や店舗などが広がる。孤立した住宅では、自衛隊や消防が救助活動を進めている。

 市内では55カ所の避難所が設置され、住民らが不安な夜を過ごした。台風から一夜明けて、住民らは膝下まで水に浸かりながら、住宅や店舗などに押し寄せた泥水を掻き出す作業に追われた。堤防から十数メートル離れた場所に住む赤坂町の無職、藤田泰子さん(82)は「玄関の中まで水が押し寄せてきて、本当に怖かった。しばらく家から出られなさそうで、買い置きがいつまでもつか」と不安そうな表情を浮かべた。(根本和哉)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ