PR

ニュース 社会

【台風19号】消防ヘリが救助中に女性が落下し死亡 フック付け忘れてつり上げ

消防ヘリ「はくちょう」=1日、千葉県船橋市(萩原悠久人撮影)
消防ヘリ「はくちょう」=1日、千葉県船橋市(萩原悠久人撮影)

 東京消防庁は13日、台風19号被災地の福島県いわき市平で緊急消防援助隊として活動中だった大型ヘリ「はくちょう」が同日午前10時ごろ、夫と助けを待っていた女性(77)をつり上げて救出する際に、高度約40メートルから誤って落下させる事故があったと発表した。女性は再度救助されたが、搬送後に死亡した。

 同庁によると、女性は約50センチ浸水した民家の庭先で体を包み込む救助機材「エバックハーネス」を装着。男性隊員(32)が抱きかかえてつり上げたが、ヘリ側のワイヤと救助機材をつなぐフックが掛けられておらず、隊員がヘリに収容しようとした際に落下した。女性は2分後に再び救助され、心肺停止状態で市内の病院に搬送された。

 つり上げ時には別の男性隊員(32)もいたが、ともに確認を怠ったとみられる。同庁は同日記者会見し、「心からおわびする」と謝罪した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ