PR

ニュース 社会

東京・世田谷区で救助活動 東京消防庁

浸水した住宅街を捜索する消防隊や自衛隊の隊員ら=13日午前、東京都世田谷区(宮崎瑞穂撮影)
浸水した住宅街を捜索する消防隊や自衛隊の隊員ら=13日午前、東京都世田谷区(宮崎瑞穂撮影)

 東京消防庁は12日から13日にかけ、多摩川が氾濫し、浸水被害が出た東京都世田谷区で建物に取り残された住民らを救助した。同区や隣接する大田区田園調布地区で、住宅などに取り残された人がいないか確認作業も続けている。

 同庁によると、世田谷区玉堤地区付近で建物に取り残された男性2人をボートで助け出したほか、同区野毛地区のアパートでは、腰まで水につかり動けなくなっていた50代ぐらいの男性を救助した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ