PR

ニュース 社会

台風19号、首相「非常災害対策本部」設置を表明

台風第19号に関する関係閣僚会議で国民と閣僚に向け発言する安倍晋三首相(左手前から3人目)=13日午前、首相官邸(春名中撮影)
台風第19号に関する関係閣僚会議で国民と閣僚に向け発言する安倍晋三首相(左手前から3人目)=13日午前、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は13日午前、首相官邸で関係閣僚会議を開き、「今般の極めて広範囲に渡る甚大な被害を踏まえ、本日、『非常災害対策本部』を設置する」と表明した。閣僚らに、被害の全容把握、人命第一での災害応急対策、迅速で分かりやすい情報発信の継続を指示した。

 首相は「警察、消防、海上保安庁のみならず自衛隊2万7千人も加わって救命・救助活動や安否不明者の捜索、避難誘導に全力で当たっているが、必要に応じて態勢を機動的に強化していく」と述べた。長野県と福島県に「情報先遣チーム」を送ることを表明し、「武田良太防災担当相を現地に派遣する」と語った。

 停電、断水、交通機関の運休など国民生活への大きな影響が出ていることに関しては「一刻も早い回復に向けて関係機関、事業者による復旧活動に政府も全力で協力していく」と述べた。首相は「これまでに降った大雨により、河川の水位が上昇するとともに、地盤が緩んでいるところもある。油断することなく、引き続き土砂災害や河川の氾濫などに十分警戒していただくようお願いする」と呼びかけた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ