PR

ニュース 社会

台風19号で5人死亡か 河川氾濫も相次ぐ

台風19号による大雨で浸水した川崎市高津区のマンション=13日午前6時58分(共同通信社ヘリから)
台風19号による大雨で浸水した川崎市高津区のマンション=13日午前6時58分(共同通信社ヘリから)
その他の写真を見る(1/2枚)

 台風19号に伴う強い雨の影響で、各地の河川で氾濫が発生、土砂災害で孤立する地域もあった。これまでに少なくとも5人が死亡、13人が行方不明となっているとみられ、負傷者も多数に上っている。

 長野市では千曲川の堤防が決壊した。市内の複数の福祉施設では浸水により、高齢者ら計約130人が取り残され、自衛隊などが救助活動を進めた。JR東日本の長野新幹線車両センターも水没し、複数の車両が水につかったという。

 長野県上田市でも千曲川の堤防の一部で、決壊の可能性があるという。

 川崎市高津区ではマンション1階が浸水、一室で見つかった60代男性が死亡した。

 土砂崩れなどによる行方不明者も相次いだ。群馬県富岡市では住宅の倒壊で一時3人と連絡が取れなくなった。このうち救助された1人が死亡。残る2人の捜索が続いた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ