PR

ニュース 社会

阿武隈川、宇多川など7都県で氾濫 危険水位超え100以上

 台風19号による降雨の影響で12日、東京都世田谷区玉川付近で多摩川が、長野県上田市と長野市で千曲川が氾濫したほか、宮城、福島、栃木、埼玉、静岡の各県でも河川が氾濫した。国土交通省は荒川や相模川など100以上の河川の観測所で氾濫危険水位を超えたと明らかにした。

 氾濫したのはほかに宮城県の竹林川、福島県須賀川市の阿武隈川、同県相馬市の宇多川、栃木県佐野市の秋山川、東京都八王子市の南浅川と青梅市の成木川、静岡県菊川市の牛淵川など。埼玉県では入間川など複数の河川で氾濫した。

 国土交通省関東地方整備局(さいたま市)は13日未明、埼玉県久喜市や羽生市などで利根川の水位が上がっているとして、下流域を含めて警戒するよう呼び掛けた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ